一歳の息子の初めての断髪


一歳すぎの息子は生まれた時から髪の毛がふさふさでした。

髪がふさふさなので、よく女の子に間違えられていました。
前髪は何度も切っていたけど、
後ろ髪は一度も切ったことがありませんでした。

しかし、
かなり髪の毛が邪魔になってきていて結んでもすぐに取るし、
目にかかったり、汗で顔に張り付いたりしていたので
髪の毛を切ることにしました。

上の子がいつも行っている美容院に予約して、
切ってもらうことにしました。

きっと一人ではおとなしく座っていないだろうということで、
私が抱っこをして切ってもらいました。
赤ちゃん筆を作ってもらいたかったので、最初は結んでばっさり切りました。

そしてそれから整えていきました。
本当に髪の毛が長くて、親の私でも女の子でもやっていけそうだな
と思うぐらいだったのに、だんだん髪の毛が短くなって男の子らしくなっていくことが
とても面白く感じました。

泣くこともなく、おとなしく座っていてくれたのですぐに切り終わりました。
切り終わって見てみると、自分の息子がわからないぐらいでした。

だけど男の子らしくさっぱりしていい感じになりました。
それから旦那や両親が息子を見ると、あまりの違いに笑っていました。

しばらくは見慣れなかったけど、やっと最近見慣れてきました。
赤ちゃん筆ができるのも楽しみです。